abdlおむつを濡らす方法


答え 1:

おむつを濡らしたとき、ズボンは暖かくて湿度が高い。 私が今日使用しているおむつのタイプでは、おしっこがおむつにすぐに吸収されます。おむつを濡らした後でも、快適に着用できます。 さらに、おむつは非常に湿っていない限り、あなたの足の間でたるみません。

これは私が男の子として使っていたおむつとは大きく異なります。 時々彼らは私のおしっこをすぐに吸収せず、私の足の間に私のおしっこが少量入っており、それはしばしば移動したり座ったりしたときに漏れを引き起こしました-私のパンツに目に見えるウェットスポットを与えました。 多くの場合、彼らはまた私の足の間でたくさんたるんでいて、あまりいい感じではありませんでした。

今日おむつの種類が利用できるので、なぜ私は子供の頃よりもずっと多くのお子さんがおむつに滞在するのか理解できます。


答え 2:

おむつを濡らしてみるとこんな感じ

最初は、おむつの上部から足の真ん中までゆっくりと滴り落ちるドリブルから始まります。 それからもう少し手を伸ばします。この時点で、おむつが入るおしっこの量からおむつが腫れ始め、それから私たちは最高の部分に行きます。 おしっこをやめるとすぐに、おむつの中に感じてしまいます。通常、私のオムツが私の足の間をとても暖かくして、おしっこを吸い込もうとしているように感じます。あなたの足とあなたの間のスクイーズ。 変える時。 または、お好きなところに少し滞在してください。


答え 3:

おむつを濡らすことは、私が経験した他のどの感覚とも違っています。 私が経験することの多くは、ぬれがドリブルから始まり、おむつのシートに温かい尿の溜まりを感じることです(座っている場合、液体は重力で流れます)。

おむつの内部の液体は垂れ下がるので、濡れたおむつで歩くことは、乾いたおむつで歩くよりも少し不快です(私は確かにいくつかの違いがあると確信しています)

おむつも吸収して膨らむので厚くなります。 尿も冷えるので、あまり暑くなければ、あとは少し肌寒くなります。


答え 4:

時々その楽しみ。 他の時間は迷惑です。 男になりたい、隣で寝て妻を夜に抱きしめているが、眠っている間に思わずおむつを濡らしてしまったためおむつチェックと赤ちゃんの話に目覚めたとき。 氷で冷やした濡れたおむつで目を覚ますと、ひどく感じられ、おむつを替えるだけです。 しかし、あなたが目を覚まし、それが起こると、暖かくて気持ちがいいですが、結局、ぬれた感じが古くなり、おむつを替えたいと思います。 私のお勧めは、おむつをひもで締めて自分で試してみることです。誰もが意見が異なり、あなたがそれを楽しむかもしれないことを知っているからです。


答え 5:

ドリブルから始まり、暖かい流れに変わり、陰茎とおむつ部分の周りを暖かく、湿らせます。 その後、ゆっくりと暖かくなり、ニュートラルになります。おしっこを吸収したおむつの領域は、フワフワした、滑りやすくなり、予想よりもずっとずれるようになります。 おむつがずぶ濡れになり、垂れ下がるようになるのは、いくつかの主要な濡れの後だけです。 一度か二度濡らすだけならかなり暖かく快適です。


答え 6:

それは素晴らしく、私の意見ではそれ以上のものはありません。 おしっこがおしりの周りを流れるように感じたり、膨らんだりしてフワフワになったときの温かさ。 私のお気に入りは、横になって暖かいおしっこが走り、お尻に垂れるのを感じながらそれをしていることだと思います。 それは素晴らしいです!

おむつを寝かせて濡らした後の私です。


答え 7:

大好きです。 特に目を覚ますと肌寒い朝。 私のおむつまたは私の良いおむつを満たしているおしっこの暖かさ。 はい、私はいつもおしっこもうんちもします。 私は大人用のおむつは着用せず、PAMPERS Cruisersサイズ7、またはHuggiesのGood Nitesのみを着用します。


答え 8:

あなたはおしっこをする衝動を感じ、私にとってゆっくりしたドリブルが始まります。 おむつの後ろに溜まった尿が陰嚢を流れ落ちるのを感じます。 どんどんドリブルが続き、おむつがずぶ濡れになり、ぬるぬるのぬくもりを感じます。 いいね。


答え 9:

それは暖かく、落ち着いた感じです。 リラクゼーションと快適さを促進できます。 私たちが最初にストレスをかけると考えられていることを乗り越え、私たちの人生を通じてそうすることは、非常にストレス解消です。 それは完全に正常な経験であり、それを最大限に楽しむことには何の問題もありません。


答え 10:

おむつ/おむつを濡らすことは非常に暖かい感じです。 おむつがすべてを吸収するまで、1分間湿り気を感じることがありますが、いったん垂れ始めたら、おむつを交換する必要があります。 垂れ下がったおむつを楽しむ人もいれば、そうでない人もいます。