広告:広告業界の制作会社、クリエイティブエージェンシー、スタジオの違いは何ですか?


答え 1:
  • 広告代理店:これらのマーケティングコミュニケーションビジネスは、クライアントのために直接働いています。 たとえば、フォルクスワーゲン(クライアント)はドイツ(代理店)を雇用して、ターゲットオーディエンスを見つけ、潜在的な消費者がどこにいるのか、どのメディアをいつ消費しているのかを判断し、クライアントが販売しているものを購入するための最良の戦略を抽出します。 また、フルサービスの代理店は、テレビスポット、バナー広告、ウェブサイト、ラジオ広告などの創造的な実行を考えて、対象の視聴者にリーチします。 代理店は、実行をクライアントに販売した後、制作会社(またはスタジオ)を雇って作成します。 [注:広告代理店には他の機能があるかもしれませんが、質問に基づいてリストを制限しています。プロダクション会社:さまざまな形式のメディアを制作できますが、通常はTVコマーシャルまたはビデオコンテンツプロデューサーを参照しています。 これらの「ベンダー」は、コマーシャルディレクターのタレントエージェントとミニ映画スタジオの両方の役割を果たすことで、代理店にサービスを提供しています。 広告代理店は、クライアントに代わって、Prod Coのディレクターを雇い、代理店のクリエイティブが書いたスクリプトを撮影します。 エージェンシーのスクリプトは非常に具体的である場合もあれば、Prod Coディレクターがエージェンシーと共同執筆するという概念である場合もあります。 プロジェクトが青信号になると、Prod Coは、承認されたエージェンシースクリプトに基づいて、ラインプロデューサー、撮影技師、俳優などを使用して監督のビジョンを実現するために、コンテンツの物理的な制作を担当します。 米国では、通常、映像が撮影されると制作は終了しますが、より多くの制作会社がヨーロッパモデルを採用し、ポスト(編集)でコンテンツを見ていますが、スタジオ:これは一種のキャッチオールカテゴリであり、通常はデザインまたはモーショングラフィックススタジオ。 多くの場合、これらのエンティティはハイブリッドであり、制作会社よりもクライアントに対して概念的な作業を行いますが、通常はフルサービスの代理店ほど多くの研究や戦略的作業は行いません。 同様に、彼らはいくつかの実写制作/撮影を行うかもしれませんが、彼らはそのサービスエリアで伝統的な制作会社ほど多くの重労働をしないかもしれません。 大きな違いは、多くの場合、スタジオは才能のアンサンブルと見なされますが、プロダクション会社の名簿上の単一のディレクターにプロダクション会社が求められることです。 また、スタジオは、編集、モーショングラフィック、タイトル、ビジュアルFXなど、より多くの投稿を行う傾向があります。

答え 2:

「クリエイティブエージェンシー」(広告または広告素材を作成するエージェンシー)は、作品の開発、すなわち、見る広告を、写真や撮影、オーディオ、ミキシング、編集などのポストプロダクションを扱う制作会社に下請けします。 「スタジオ」の意味がわかりませんが、これには、画像をカメラで撮影する写真スタジオや、サウンドトラックを作成またはミックスする音楽スタジオが含まれます。


答え 3:

「クリエイティブエージェンシー」(広告または広告素材を作成するエージェンシー)は、作品の開発、すなわち、見る広告を、写真や撮影、オーディオ、ミキシング、編集などのポストプロダクションを扱う制作会社に下請けします。 「スタジオ」の意味がわかりませんが、これには、画像をカメラで撮影する写真スタジオや、サウンドトラックを作成またはミックスする音楽スタジオが含まれます。


答え 4:

「クリエイティブエージェンシー」(広告または広告素材を作成するエージェンシー)は、作品の開発、すなわち、見る広告を、写真や撮影、オーディオ、ミキシング、編集などのポストプロダクションを扱う制作会社に下請けします。 「スタジオ」の意味がわかりませんが、これには、画像をカメラで撮影する写真スタジオや、サウンドトラックを作成またはミックスする音楽スタジオが含まれます。