A4ノートは440ヘルツです。音波は、ヘルツ単位のピッチとデシベル単位のラウドネスのみを伝達できます。それでは、人間の耳はピアノのA4音とフルートの違いをどのように検出できますか?


答え 1:

音には単なる周波数と振幅よりも多くの品質があります。ティンバーはあなたが探している答えです。音色は、主に2つの側面によって決定されます。ダイナミクス-一定量の音波が空気圧縮の変動に関して機能するエンベロープ。これは、アタック、ディケイ、およびビブラートの品質としてより適切に説明できます。そして、そのような波の高調波は、音の共鳴基本周波数の倍数です。

2つの異なる楽器が同じ周波数と音量で演奏されると、空気の圧縮方法が異なるため、異なる音になります。それらは異なるダイナミクスを持っています。なぜなら、圧縮は時間的に均等ではなく、波の振幅にわずかな変動があり、多くの種類の形態をとることができます。作り方、演奏方法、さらには楽器が置かれている部屋の相対湿度です。

人間の耳は非常に敏感なツールです。捕食者の騒音、他の部族メンバーの助けを求める声、赤ちゃんの叫び声、水の近さ、環境への適応に役立つ多くの要因など、環境のわずかな変動を検出するように進化しました。私たちはまた、部族のメンバー間のタスク分割の複雑な構造を持つ社会的な動物に進化し、その上で非常に効率的になり、狩りと想起の間に多くの自由な時間を持つことができました。ツールはその効率に貢献し、他の人間の早期適応にも役割を果たします。その自由な時間は、私たちが抽象感覚を発達させることを可能にし、そこから最初の芸術形態が生まれました。オブジェクトはオブジェクトであるだけでなく、他の何かを表すこともできます。岩や洞窟に絵を描き、彫刻を始めました。中空の丸太を棒で叩き、時間パターンを作成し始めました。互いに通信するためにこれらのフォームを使用し始めました。私たちは感覚が許す限り多くの種類の言語を使用しました。私たちの脳はすでに発達しており、抽象的な思考がもたらす複雑さが増し、さらに発展し続けました。音楽は思考の進化に関する結果であり、原因でもありました。


答え 2:

簡単な答え:高調波とエンベロープ。

A440でのステレオの波形とピアノの波形とフルートの波形を次に示します。

すぐに気づくことが3つあります。

  • まず、封筒。ピアノの音は静かに始まり、非常に急速に最大音量まで上昇し、その後わずかに戻りながら非常に急速に減少します。フルートは音符全体でより大きく、より柔らかくなりますが、これは最初とほぼ同じです。ピアノの音はフルートの音よりもはるかに「粗い」です。これは倍音を表し、3番目はステレオ画像です。フルートでは左右に多少の違いがありますが、ピアノでははるかに大きくなります。

高調波をさらに詳しく見てみましょう。

まず、ピアノ。これは周波数スペクトル分析です

今、フルート。

ピアノにはさらに多くの「バンプ」があり、それらはより近くにあります。

耳と脳(これから「耳」と呼びます)は周波数と振幅に反応しますが、脳は経時的な変化を認識することもできます。

したがって、耳が構築する「絵」は、音の大きさや大きさの振幅エンベロープ、音程の変化の周波数エンベロープ、および倍音や音が鳴る際の共鳴音である倍音です。ノート。耳は、位相差と音量に基づいて、音がどこから来るかを決定します。

脳が追加するものがもう1つあります。それはオーディオメモリです。ピアノとフルートの音に一度も触れたことがない場合、違いは聞こえますが、それらを引き起こす楽器の感覚はありません。ただし、ピアノのエンベロープは打たれる他のものに似ているため、ピアノが「打たれている」と聞こえる場合があります。また、エンベロープが口similarに似ているため、フルートが「吹かれた」と聞こえる場合があります。

これらの楽器の物理的構造と演奏技術により、これらの違いが生じます。

ピアノは、サステインペダルを下げた状態で、3本の弦(A 440 Hz)を打つソフトハンマーを備えており、短い期間の後、他の227本の弦が同情的に共鳴します。ピアノのサイズは、明確なステレオイメージを与えます。唯一の推進力は始まりにあるため、エネルギーは他の弦に伝達されると急速に減衰しますが、一部はその共鳴のためにしばらく持続します。打たれた弦の倍音だけでなく、自分の倍音に寄与する他の弦の共感的な共鳴もありますが、最も共鳴する弦は、初期弦の倍音の1つとして基本的な音符を持つ弦です。他の方法でラウンド。

フルートは、トレモロで吹かれると、時間とともに音量が変化します。フルートは、吹き飛ばされた無リードの楽器であるため、比較的少ない高調波を生成します。基本波は正弦波であり、他の異なる倍音がトーンに寄与します。フルートの音量は、フルート奏者が吹き込む息の量によって連続的に決定されます。それはプレイヤーの呼吸コントロールによってのみ制限されます。フルートはピアノに比べて短く、一次元であるため、ステレオスペクトルははるかに制限されています。


答え 3:

簡単な答え:高調波とエンベロープ。

A440でのステレオの波形とピアノの波形とフルートの波形を次に示します。

すぐに気づくことが3つあります。

  • まず、封筒。ピアノの音は静かに始まり、非常に急速に最大音量まで上昇し、その後わずかに戻りながら非常に急速に減少します。フルートは音符全体でより大きく、より柔らかくなりますが、これは最初とほぼ同じです。ピアノの音はフルートの音よりもはるかに「粗い」です。これは倍音を表し、3番目はステレオ画像です。フルートでは左右に多少の違いがありますが、ピアノでははるかに大きくなります。

高調波をさらに詳しく見てみましょう。

まず、ピアノ。これは周波数スペクトル分析です

今、フルート。

ピアノにはさらに多くの「バンプ」があり、それらはより近くにあります。

耳と脳(これから「耳」と呼びます)は周波数と振幅に反応しますが、脳は経時的な変化を認識することもできます。

したがって、耳が構築する「絵」は、音の大きさや大きさの振幅エンベロープ、音程の変化の周波数エンベロープ、および倍音や音が鳴る際の共鳴音である倍音です。ノート。耳は、位相差と音量に基づいて、音がどこから来るかを決定します。

脳が追加するものがもう1つあります。それはオーディオメモリです。ピアノとフルートの音に一度も触れたことがない場合、違いは聞こえますが、それらを引き起こす楽器の感覚はありません。ただし、ピアノのエンベロープは打たれる他のものに似ているため、ピアノが「打たれている」と聞こえる場合があります。また、エンベロープが口similarに似ているため、フルートが「吹かれた」と聞こえる場合があります。

これらの楽器の物理的構造と演奏技術により、これらの違いが生じます。

ピアノは、サステインペダルを下げた状態で、3本の弦(A 440 Hz)を打つソフトハンマーを備えており、短い期間の後、他の227本の弦が同情的に共鳴します。ピアノのサイズは、明確なステレオイメージを与えます。唯一の推進力は始まりにあるため、エネルギーは他の弦に伝達されると急速に減衰しますが、一部はその共鳴のためにしばらく持続します。打たれた弦の倍音だけでなく、自分の倍音に寄与する他の弦の共感的な共鳴もありますが、最も共鳴する弦は、初期弦の倍音の1つとして基本的な音符を持つ弦です。他の方法でラウンド。

フルートは、トレモロで吹かれると、時間とともに音量が変化します。フルートは、吹き飛ばされた無リードの楽器であるため、比較的少ない高調波を生成します。基本波は正弦波であり、他の異なる倍音がトーンに寄与します。フルートの音量は、フルート奏者が吹き込む息の量によって連続的に決定されます。それはプレイヤーの呼吸コントロールによってのみ制限されます。フルートはピアノに比べて短く、一次元であるため、ステレオスペクトルははるかに制限されています。


答え 4:

簡単な答え:高調波とエンベロープ。

A440でのステレオの波形とピアノの波形とフルートの波形を次に示します。

すぐに気づくことが3つあります。

  • まず、封筒。ピアノの音は静かに始まり、非常に急速に最大音量まで上昇し、その後わずかに戻りながら非常に急速に減少します。フルートは音符全体でより大きく、より柔らかくなりますが、これは最初とほぼ同じです。ピアノの音はフルートの音よりもはるかに「粗い」です。これは倍音を表し、3番目はステレオ画像です。フルートでは左右に多少の違いがありますが、ピアノでははるかに大きくなります。

高調波をさらに詳しく見てみましょう。

まず、ピアノ。これは周波数スペクトル分析です

今、フルート。

ピアノにはさらに多くの「バンプ」があり、それらはより近くにあります。

耳と脳(これから「耳」と呼びます)は周波数と振幅に反応しますが、脳は経時的な変化を認識することもできます。

したがって、耳が構築する「絵」は、音の大きさや大きさの振幅エンベロープ、音程の変化の周波数エンベロープ、および倍音や音が鳴る際の共鳴音である倍音です。ノート。耳は、位相差と音量に基づいて、音がどこから来るかを決定します。

脳が追加するものがもう1つあります。それはオーディオメモリです。ピアノとフルートの音に一度も触れたことがない場合、違いは聞こえますが、それらを引き起こす楽器の感覚はありません。ただし、ピアノのエンベロープは打たれる他のものに似ているため、ピアノが「打たれている」と聞こえる場合があります。また、エンベロープが口similarに似ているため、フルートが「吹かれた」と聞こえる場合があります。

これらの楽器の物理的構造と演奏技術により、これらの違いが生じます。

ピアノは、サステインペダルを下げた状態で、3本の弦(A 440 Hz)を打つソフトハンマーを備えており、短い期間の後、他の227本の弦が同情的に共鳴します。ピアノのサイズは、明確なステレオイメージを与えます。唯一の推進力は始まりにあるため、エネルギーは他の弦に伝達されると急速に減衰しますが、一部はその共鳴のためにしばらく持続します。打たれた弦の倍音だけでなく、自分の倍音に寄与する他の弦の共感的な共鳴もありますが、最も共鳴する弦は、初期弦の倍音の1つとして基本的な音符を持つ弦です。他の方法でラウンド。

フルートは、トレモロで吹かれると、時間とともに音量が変化します。フルートは、吹き飛ばされた無リードの楽器であるため、比較的少ない高調波を生成します。基本波は正弦波であり、他の異なる倍音がトーンに寄与します。フルートの音量は、フルート奏者が吹き込む息の量によって連続的に決定されます。それはプレイヤーの呼吸コントロールによってのみ制限されます。フルートはピアノに比べて短く、一次元であるため、ステレオスペクトルははるかに制限されています。


答え 5:

簡単な答え:高調波とエンベロープ。

A440でのステレオの波形とピアノの波形とフルートの波形を次に示します。

すぐに気づくことが3つあります。

  • まず、封筒。ピアノの音は静かに始まり、非常に急速に最大音量まで上昇し、その後わずかに戻りながら非常に急速に減少します。フルートは音符全体でより大きく、より柔らかくなりますが、これは最初とほぼ同じです。ピアノの音はフルートの音よりもはるかに「粗い」です。これは倍音を表し、3番目はステレオ画像です。フルートでは左右に多少の違いがありますが、ピアノでははるかに大きくなります。

高調波をさらに詳しく見てみましょう。

まず、ピアノ。これは周波数スペクトル分析です

今、フルート。

ピアノにはさらに多くの「バンプ」があり、それらはより近くにあります。

耳と脳(これから「耳」と呼びます)は周波数と振幅に反応しますが、脳は経時的な変化を認識することもできます。

したがって、耳が構築する「絵」は、音の大きさや大きさの振幅エンベロープ、音程の変化の周波数エンベロープ、および倍音や音が鳴る際の共鳴音である倍音です。ノート。耳は、位相差と音量に基づいて、音がどこから来るかを決定します。

脳が追加するものがもう1つあります。それはオーディオメモリです。ピアノとフルートの音に一度も触れたことがない場合、違いは聞こえますが、それらを引き起こす楽器の感覚はありません。ただし、ピアノのエンベロープは打たれる他のものに似ているため、ピアノが「打たれている」と聞こえる場合があります。また、エンベロープが口similarに似ているため、フルートが「吹かれた」と聞こえる場合があります。

これらの楽器の物理的構造と演奏技術により、これらの違いが生じます。

ピアノは、サステインペダルを下げた状態で、3本の弦(A 440 Hz)を打つソフトハンマーを備えており、短い期間の後、他の227本の弦が同情的に共鳴します。ピアノのサイズは、明確なステレオイメージを与えます。唯一の推進力は始まりにあるため、エネルギーは他の弦に伝達されると急速に減衰しますが、一部はその共鳴のためにしばらく持続します。打たれた弦の倍音だけでなく、自分の倍音に寄与する他の弦の共感的な共鳴もありますが、最も共鳴する弦は、初期弦の倍音の1つとして基本的な音符を持つ弦です。他の方法でラウンド。

フルートは、トレモロで吹かれると、時間とともに音量が変化します。フルートは、吹き飛ばされた無リードの楽器であるため、比較的少ない高調波を生成します。基本波は正弦波であり、他の異なる倍音がトーンに寄与します。フルートの音量は、フルート奏者が吹き込む息の量によって連続的に決定されます。それはプレイヤーの呼吸コントロールによってのみ制限されます。フルートはピアノに比べて短く、一次元であるため、ステレオスペクトルははるかに制限されています。


答え 6:

簡単な答え:高調波とエンベロープ。

A440でのステレオの波形とピアノの波形とフルートの波形を次に示します。

すぐに気づくことが3つあります。

  • まず、封筒。ピアノの音は静かに始まり、非常に急速に最大音量まで上昇し、その後わずかに戻りながら非常に急速に減少します。フルートは音符全体でより大きく、より柔らかくなりますが、これは最初とほぼ同じです。ピアノの音はフルートの音よりもはるかに「粗い」です。これは倍音を表し、3番目はステレオ画像です。フルートでは左右に多少の違いがありますが、ピアノでははるかに大きくなります。

高調波をさらに詳しく見てみましょう。

まず、ピアノ。これは周波数スペクトル分析です

今、フルート。

ピアノにはさらに多くの「バンプ」があり、それらはより近くにあります。

耳と脳(これから「耳」と呼びます)は周波数と振幅に反応しますが、脳は経時的な変化を認識することもできます。

したがって、耳が構築する「絵」は、音の大きさや大きさの振幅エンベロープ、音程の変化の周波数エンベロープ、および倍音や音が鳴る際の共鳴音である倍音です。ノート。耳は、位相差と音量に基づいて、音がどこから来るかを決定します。

脳が追加するものがもう1つあります。それはオーディオメモリです。ピアノとフルートの音に一度も触れたことがない場合、違いは聞こえますが、それらを引き起こす楽器の感覚はありません。ただし、ピアノのエンベロープは打たれる他のものに似ているため、ピアノが「打たれている」と聞こえる場合があります。また、エンベロープが口similarに似ているため、フルートが「吹かれた」と聞こえる場合があります。

これらの楽器の物理的構造と演奏技術により、これらの違いが生じます。

ピアノは、サステインペダルを下げた状態で、3本の弦(A 440 Hz)を打つソフトハンマーを備えており、短い期間の後、他の227本の弦が同情的に共鳴します。ピアノのサイズは、明確なステレオイメージを与えます。唯一の推進力は始まりにあるため、エネルギーは他の弦に伝達されると急速に減衰しますが、一部はその共鳴のためにしばらく持続します。打たれた弦の倍音だけでなく、自分の倍音に寄与する他の弦の共感的な共鳴もありますが、最も共鳴する弦は、初期弦の倍音の1つとして基本的な音符を持つ弦です。他の方法でラウンド。

フルートは、トレモロで吹かれると、時間とともに音量が変化します。フルートは、吹き飛ばされた無リードの楽器であるため、比較的少ない高調波を生成します。基本波は正弦波であり、他の異なる倍音がトーンに寄与します。フルートの音量は、フルート奏者が吹き込む息の量によって連続的に決定されます。それはプレイヤーの呼吸コントロールによってのみ制限されます。フルートはピアノに比べて短く、一次元であるため、ステレオスペクトルははるかに制限されています。


答え 7:

簡単な答え:高調波とエンベロープ。

A440でのステレオの波形とピアノの波形とフルートの波形を次に示します。

すぐに気づくことが3つあります。

  • まず、封筒。ピアノの音は静かに始まり、非常に急速に最大音量まで上昇し、その後わずかに戻りながら非常に急速に減少します。フルートは音符全体でより大きく、より柔らかくなりますが、これは最初とほぼ同じです。ピアノの音はフルートの音よりもはるかに「粗い」です。これは倍音を表し、3番目はステレオ画像です。フルートでは左右に多少の違いがありますが、ピアノでははるかに大きくなります。

高調波をさらに詳しく見てみましょう。

まず、ピアノ。これは周波数スペクトル分析です

今、フルート。

ピアノにはさらに多くの「バンプ」があり、それらはより近くにあります。

耳と脳(これから「耳」と呼びます)は周波数と振幅に反応しますが、脳は経時的な変化を認識することもできます。

したがって、耳が構築する「絵」は、音の大きさや大きさの振幅エンベロープ、音程の変化の周波数エンベロープ、および倍音や音が鳴る際の共鳴音である倍音です。ノート。耳は、位相差と音量に基づいて、音がどこから来るかを決定します。

脳が追加するものがもう1つあります。それはオーディオメモリです。ピアノとフルートの音に一度も触れたことがない場合、違いは聞こえますが、それらを引き起こす楽器の感覚はありません。ただし、ピアノのエンベロープは打たれる他のものに似ているため、ピアノが「打たれている」と聞こえる場合があります。また、エンベロープが口similarに似ているため、フルートが「吹かれた」と聞こえる場合があります。

これらの楽器の物理的構造と演奏技術により、これらの違いが生じます。

ピアノは、サステインペダルを下げた状態で、3本の弦(A 440 Hz)を打つソフトハンマーを備えており、短い期間の後、他の227本の弦が同情的に共鳴します。ピアノのサイズは、明確なステレオイメージを与えます。唯一の推進力は始まりにあるため、エネルギーは他の弦に伝達されると急速に減衰しますが、一部はその共鳴のためにしばらく持続します。打たれた弦の倍音だけでなく、自分の倍音に寄与する他の弦の共感的な共鳴もありますが、最も共鳴する弦は、初期弦の倍音の1つとして基本的な音符を持つ弦です。他の方法でラウンド。

フルートは、トレモロで吹かれると、時間とともに音量が変化します。フルートは、吹き飛ばされた無リードの楽器であるため、比較的少ない高調波を生成します。基本波は正弦波であり、他の異なる倍音がトーンに寄与します。フルートの音量は、フルート奏者が吹き込む息の量によって連続的に決定されます。それはプレイヤーの呼吸コントロールによってのみ制限されます。フルートはピアノに比べて短く、一次元であるため、ステレオスペクトルははるかに制限されています。