有髄ニューロンはミエリン鞘で覆われ、無髄ニューロンは覆われていないという事実は別として、それらの違いは何ですか?


答え 1:

この脂肪の多いミエリン鞘の結果として、多くの違いがあります。 ミエリン鞘の機能は、電気インパルスが失われるのを防ぎ、活動電位の速度を上げ、活動電位が元の方向に伝播するのを防ぐことです。

ミエリン鞘はシュワン細胞で構成され、電気的絶縁を提供するため、インパルスが失われるのを防ぎます。 シュワン細胞の間にランビエのノードと呼ばれるギャップがあり、これは脱分極が発生する唯一の場所です(セルに進入するNa +のため)。 これは、塩分伝導を介して、0.5ミリ秒ごとに脱分極が1つのノードから次のノードにジャンプすることを意味し、伝導速度が向上します。 したがって、ミエリン鞘の存在は、インパルスが失われるのを防ぎ、軸索に沿ったインパルスの伝播速度を増加させます。 脱分極が1つのノードから次のノードに広がると、特定の電圧依存ゲートK +チャネルが0.5ミリ秒前に脱分極が発生したノードで開き、特定の電圧依存ゲートNa +チャネルが閉じるため、K +はセルから拡散して電気化学的勾配を生じます細胞の内側では、外側に比べてこの陰性部位が著しく負になり(この特定の部位として)、膜は過分極します。 次に、これらの特定の電圧依存性ゲーテッドK +チャネルが閉じ、非特定のカチオンチャネルが開き、電気化学勾配を下ってセルにK +が拡散し、軸索の静止電位(約-70 mV)が回復します。 脱分極後のノードで軸索の静止電位が回復するのにかかる時間は、約5ミリ秒続く不応期として知られているため、ノードでのみ脱分極が発生するようにインパルスが伝播するのを防ぎます静止電位にある/特定の電位差があり(したがって、外部に対して負に帯電している)、0.5ミリ秒は不応期の5ミリ秒よりも短い。 これは、インパルスの方向と速度を維持するために重要です。 塩性伝導/髄鞘形成により、インパルスがニューロンに沿って最大200 m / sの速度で伝達/伝播されます。


答え 2:

髄鞘形成は神経または脳インパルスの速度を増加させます脳外の細胞ではシュワン細胞によって達成されます脳では、オリゴデンドロサイトと呼ばれるグリア細胞のタイプがこの読みを促進します電気インパルスを運ぶ神経線維は有髄化される可能性が高いこれは進化の結果であると推測される危険があります有髄化は神経伝達の速度を改善し、この特性には進化上の利点がありますランビエのノードと呼ばれる有髄軸索のギャップナトリウムに反応することができ、ナトリウムの放出はグリア細胞が互いに刺激する方法です。グリア細胞はそのように神経伝達を促進するかもしれませんが、それは私の推測であり、私が読んだもの