カトリックのバプテスマを受けた後、クリスチャンになれますか? また、2つの違いは何ですか?


答え 1:

教会の実践と救いの質問に感謝します。「カトリックのバプテスマを受けた後、クリスチャンになれますか? また、2つの違いは何ですか?」

幼児または成人の水の洗礼の主題は、キリスト教の教会をカトリックの神学者とプロテスタントの神学者として異なる見方をしている神学者と分けました。

カトリック神学に対する私の理解が正しければ、救いの資格を得るために満たさなければならない聖sevenが7つあります。 幼児または成人の洗礼はそれらの要件の1つです。 したがって、バプテスマを受けることで、天国に足を踏み入れることができると言えます。 バプテスマのステップは、救いを受けるために自分がしなければならないこと、または誰かが自分のために何かをしなければならないことであるという見方です。 したがって、バプテスマは、その人のためにその人の魂を救うと見なされ、今ではカトリック教会の一部です。 通常の手続きは、中学生または特定の年齢になると、信仰を公に告白することによって信仰を確認するようになります。

プロテスタント神学に対する私の理解が正しく、プロテスタント神学内でも違いがあります。水の洗礼は子供や人を救うのではなく、イエス・キリストを彼/彼女の個人的な救い主であると信じる個人的な信念です。 水の洗礼は、自分の個人的な罪のために死ぬ神の子としてのイエス・キリストへの内なる信仰の外への宣言であり、それによってその人は、神のために、そして他の人にキリストのために神の生活を送りたいという願望を表明します。 言い換えれば、水の洗礼は人を神の子にしますが、イエス・キリストへの信仰は人を神の子にします。

ヨハネ1章の使徒ヨハネはこう述べています。9すべての人に光を与える真の光は、この世に来ました。 10彼は世にいて、世は彼を通して造られたが、世は彼を認めなかった。 11彼は彼自身のものに来たが、彼自身は彼を受け入れなかった。 12しかし、彼を受け入れたすべての人、彼の名を信じた人に、彼は神の子どもとなる権利を与えた。13生まれつきの子孫、人間の決断、夫の意志ではなく、神から生まれた子ども。

したがって、ある人がバプテスマを受けて教会で育ったが、イエス・キリストを救い主として信じなかった場合、聖書は自分がクリスチャンではないと宣言します。 彼はイエス・キリストへの個人的な信仰には至っておらず、単に彼の両親や教会の伝統/慣習に従っただけです。 しかし、ある人がイエス・キリストの必要性をより深く認識し、イエス・キリストが自分の罪のために死んで再び立ち上がったことを願う/信じるとき(Iコリント15:3-6)、それはその時点です/彼は、教会の慣習に従うのではなく、イエス・キリストへの信仰によってクリスチャンになりました(エペソ2:8–9)。

要約:クリスチャンになることは、教会の慣習に従うことではなく、信仰によるものです。


答え 2:

カトリック教徒はキリスト教徒です。 (実際、カトリックはキリスト教における最大の単一の宗派です。)カトリックと他のキリスト教の宗派の間には神学的な不一致があり、教会組織には違いがあります。それら、そして私たちの残りはそうではありません。 しかし、あなたがそれに着くとき、私たちはすべてクリスチャンであり、神の子、ナザレのイエスの追随者です。

元の質問:カトリックのバプテスマを受けた後、クリスチャンになることはできますか? また、2つの違いは何ですか?


答え 3:

聖書には、あなたの罪から救われる方法についての答えがあります。

1-人は救い主(イエス)が必要であることを理解する必要があります。 人が赤ん坊として洗礼を受けたならば、彼らはそのような理解を持っていませんでした。 私は赤ん坊として洗礼を受けましたが、私はそれを選びませんでした。

2-私が成長していたとき、私の人生は確かにクリスチャンの生き方を反映していませんでした。 私は祈り、時には教会に行きました。 私も喫煙し、酔って、ガールフレンドをだました。 その間ずっと、私は救われたと思いました。

3-大学のクラスにこの男がいましたが、彼は私の人生が弟子/クリスチャンの生き方を反映していないことを確認するのを助けてくれました。

4-私は救われる必要があると理解しました。 「どうして神を愛しているのに、神の言うことをしないのだろう」と思ったのです。

5-イエスについてのヒアリング/学習と、彼に対する私の必要性と、私の赦しと救いのための彼の犠牲が最も重要でした。 また、神が私に望んでいたことから、私の人生がどれほど離れているかを見る必要もありました。

6-信じていた。

7-私は自分の罪を悔い改め、イエスを主にし、私の罪の赦しのためにバプテスマを受けました。

8-あなたの質問に答えるために…私は、クリスチャンになることを意識的に決定するまで、クリスチャンではありませんでした。 私は救われず、洗礼を受けるまで私の罪は洗い流されませんでした。 私はまだ罪を犯しています、そして私は罪がないわけではありません…しかし、私は救われており、私は罪を少なくしています。

聖文の参照をまもなく掲載します。 :)