子供たちがきれいにする方法について本


答え 1:

はい。 私は本の返品を直接扱いませんが、流通している同僚が私に言ったことから、彼らはジャムに覆われ、噛んで、誰が他に何を知っているかを返します。 私は定期的に返品を処理する人々が彼らを掃除しているのを見ます。 同じことは、人々がチェックアウトできる大きなキャンバスキャリングバッグにも当てはまります。これらは、コレクションに戻る前に徹底的にクリーニングされます。 大人のアイテムは定期的にクリーニングされていませんが、明らかに汚れている場合はクリーニングされると思います。 触れたくなかったコレクションで、これを見つけたことはありません。

一方、これらのアイテムはどれも、自分で消毒できるほどには消毒されていないと思います。 公用品です。 私は確かにそれらを食べたり、口の中に入れたりしませんでした。 しかし、一日の中でそれらを扱うとき、私は病気の心配はありません。


答え 2:

子ども向けの本がかみ砕かれたように見えた場合は、クロロックスワイプでクリーニングします。チェックアウトした場合は、家に帰ったときにカバーを拭いてください。 (ああ、私が言った他の司書に言ってはいけない。でも子供がいたら、私は彼らの図書館の本の表紙を拭いた。子供が物事を噛んでいる年齢だったら、私は彼らがそれらに到達できなかった場所で、図書館の資料を高く保ちます。

しかし、図書館の本、または多くの見知らぬ人によって処理されたものを処理した後にできる最も重要なことは、手をよく洗うことです。

また、バクテリアへの曝露は抵抗力の構築に役立ちます。


答え 3:

はい。 します。 時にはボランティアも助けます。 通常、糸くずの出ない布にCloroxワイプまたは同様のソリューションを使用します。 プラスチックカバーのないペーパーバックの場合は、湿気を少なくする必要があります。やや乾いたワイプか、乾いた/湿った布、またはVivaまたは他の良いペーパータオルを使用します。 他のペーパータオル(一部のバウンティタオルは非常に優れています)は、通常、バラバラになるか、必要な非常に軽い湿気を許容しません。

寒い季節ならチェックアウトもやっています。

多くの場合、本がべたつくか汚れているので、これを行います。 また、本は病院のカートまたは棚に運んで修理することもできます。


答え 4:

明らかに汚れたアイテムをクリーニングしますが、何も「サニタイズ」しません。 紙に液体を使用できないため、本の表紙以外を消毒することは不可能であり、効果的な乾式法については知りません。 さらに、私たちは本以外のあらゆる種類のアイテムをチェックアウトします。そして、使用の間のすべてのものを消毒するためのスタッフ、スペース、または設備は単にありません。


答え 5:

時々。 継続的なトレーニングを必要とせず、その人は決められた時間だけボランティアをしているので、コミュニティサービス時間を必要とするボランティアに与えられるタスクであることがよくあります。 しかし、ほとんどの場合、そうではありません。他にやるべきことがたくさんあるからです。


答え 6:

私たちはすべての絵本を少なくとも年に1回は拭き取ります。 ボードの本は年に数回拭き取られ、他の本は必要に応じて拭き取られます。