「神がいないことを知っている」と「神を信じるのに十分な証拠がない」との間に違いがあると思いますか?


答え 1:

「神がいないことを知っている」と「神を信じるのに十分な証拠がない」との間に違いがあると思いますか?

もちろん、「サンタクロースが存在しないことを知っている」と「サンタクロースを信じるのに十分な証拠がない」との間に違いがあるように。

もちろん、宗教的な文脈や哲学101の学生との議論以外では、「サンタクロースが存在しないことを知っている」と言うことに反対する人はいません。 裏付けとなる証拠がない場合、それが私たちが言う傾向があるからです。


答え 2:

絶対に。 1つ目は否定的な事実の表明(私は信じることを拒否します)で、もう1つはデータ不足のために結論が出ないことの表明です(私は何を信じるべきかわかりません)。

  • 否定的な事実の表明は無神論であり、「神が存在するという信念の拒絶」である。データの欠如による結論のない表明は不可知論であり、それは「特定の形而上学的な主張-神または超自然的なものは未知であり、おそらく知らない。」

言い換えれば、一方の声明は神への信仰を完全に拒否し、他方の声明は証拠が生じた場合に神への信仰への扉を開いたままにします。


答え 3:

絶対に。 1つ目は否定的な事実の表明(私は信じることを拒否します)で、もう1つはデータ不足のために結論が出ないことの表明です(私は何を信じるべきかわかりません)。

  • 否定的な事実の表明は無神論であり、「神が存在するという信念の拒絶」である。データの欠如による結論のない表明は不可知論であり、それは「特定の形而上学的な主張-神または超自然的なものは未知であり、おそらく知らない。」

言い換えれば、一方の声明は神への信仰を完全に拒否し、他方の声明は証拠が生じた場合に神への信仰への扉を開いたままにします。