取得する方法のオーバーソウルの本質


答え 1:

神または絶対を火と考えてください。 次に、キャンプファイヤーで空に浮かぶ小さな火花を考えてみましょう。 それがあなたの魂であり、この領域であろうと天国であろうと地獄であろうと、存在する神の一部として浮かび上がる。 この火花は神の本質と同じです。

あなたの質問に…あなたのハイヤーセルフは、肉体的なセルフとあなたの最高のセルフまたはソウルとの間のどこかにあります。 それは単なる自己なので、その単語を使用しないでください。

最高の自己があなたの魂またはそれらの火花(あなたの中の神の火)です。 Over Soulは、神を意味するSupreme Soulとも呼ばれます。

あなたの質問に…神だけが存在するので、違いはありません。 これは、誰でも瞑想を通して直接発見することができます。 人が世界と自己で死ぬとき、彼らはこの存在の平面からこのようなすべての存在を超えて内なる精神の世界に飛び込みます、それは人生をナビゲートするために五感に依存します。 これには天国も含まれます。

したがって、これが発生すると、3番目の次元から6番目の次元に移動します。 これはSFの次元ではなく、意識の次元です。 下記参照…

これがカバラ生命の樹です。 6次元では、Daathのおかげで、7次元の三位一体の知識に到達し、理解を深めることができます。つまり、魂としての原始的自己の理解です。 代わりに人が世俗的な事柄について神を完全に無視しない限り、これは人を完全に神への道に置くでしょう。

番号が付けられた体は、キリスト、仏、モーゼ、箱舟のジャンヌ、クリシュナなどが心や内面のこれらの次元の欲望とエゴを排除することによって処理した内面の霊体です。 人がキリストになるとき、私たちが知っている魂はただの種です。

キリストになるプロセスは、その種を植えることと呼ばれる仕事です。 それが成長するにつれ、力があなたのものになり、ひとたびソーラーボディを取得するレベルに到達すると、真の人間と見なされ、キリストの称号を取得します。

その時点で、彼らには選択肢があります。 彼らは神の内に溶け込み、宗教が至福と呼ぶ一体感の中で生きることができます。 多くのマスターがするもう一つの選択は、私たち全員がそれを家にするまで人類を助けるために人生に戻ることです。 これが、イエスが帰国すると述べた理由です。

イエスは私たちが神であり、これが彼が意味したことであると述べました。 彼と他の人たちがたどった道も私たちがたどる道です。

これらは、修道士や修道女である必要があった高難解な教えですが、刺激に対する世俗的な欲望は非常に強力であるため、人間は神を知ることから自分自身をそらし、したがって知識は隠されていました。

自然が正常性またはバランスを再確立するための動きをするところに人が委譲しているため、極がシフトし、大陸が沈むため、他の人が再確立できると言われています。 これはすでに4回発生し、神話で説明されています。

私たちは惑星としての5番目のルートレースです。 アーリアンは白人を意味しません。 したがって、北極と南極は赤道に移動し、現在の赤道は極に移動します。 これが完了すると、ミスティックは偉大な霊性の新しい時代が始まることを教えてくれます。

これに関する詳細情報は、サマエル・アウン・ウィアーが生前にすべての過去の生活を知っていて、自分の体を自由に去ることができ、神秘家がアストラルとメンタルのアカシック・レコードから情報を収集するようなものです。レルム。

グノーシスの教え:実践的な精神性

答え 2:

ハイヤーセルフもロワーセルフもありません。

あなただけです!

魂は夢を見る心の産物です。

あなたが望むものはあなたの中に現れることができ、心はそれを現実のものとすることができます!

神であること、絶対的な意識であること、何もないことさえあります。 それらの実現のすべてが行き来しています:)しかし、あなたはまだあなただけです!

あなたが神を探すなら、あなたはそれを見つけるでしょう:)そうでなければ、あなたはそれを見つけることができません! しかし、どちらの場合でも、それがあなたをどのように変えることができますか?

あなたが唯一の現実です。 継続的な変化のプロセス…

あなた自身を楽しんでください-あなたと他の何かを実現することは意味がないように感じます…


答え 3:

魂は真の個性、より高い、または超越的な自己です。 オーバーソウルとは、これまでに存在した、または存在するであろうすべての魂の団結です。それは私たちの人生です。 魂は個性的であり、オーバーソウルは普遍的です。それらは時間的に分離していますが、本質的には1つです。

「しかし、私は何とかして広大であり、限られた個性と矛盾したり矛盾したりすることはありませんでした...私は自分自身であり、ある意味では「私」もすべてでした。」 -光の音、イリーナ・スター

このビデオを参照してください:** Oneness-Living in a Mindful Universe **