eu4好意を得る方法


答え 1:

好意システムは、以前のシステムとの妥協案です。基本的には、同盟国があなたについて良い意見を持っている限りいつでも呼び出すことができ、同盟国が最新でない2番目のバージョンを呼び出すことができるため、同盟国を乱用することができました。前の戦争から10年以内に攻撃的に戦争に参加する。

同盟国との戦争に参加するか、単に待つ以外にそれらを獲得する方法がないなど、恩恵制度にはいくつかの欠陥があると思います。 味方にすべての恩恵を与えることが、たとえばあなたが待っていたからといってなぜ理にかなっているのですか? 言うまでもなく、あなたの味方は信頼できません。なぜなら、彼らは一般に、彼らが勝つことができるフライトと勝てない戦いが何であるかを理解していないコンピューターだからです。 彼らがはるかに大きな力を攻撃するのはやや躊躇することは理にかなっていますが、あなたが何かを知らない場合、彼らは私の意見にもう少し進んで参加するべきです。

支持システムについてのもう1つのことは、支持は人間を戦争に招集する能力に特に影響を与えないため、マルチプレーヤーゲームにうまく変換されないことです。 一部の人々は、彼を戦争に同盟国と呼ぶ前に私たちにある程度の賛成が必要であると言うためにこれらすべてを支配するかもしれませんが、これは非常にまれであり、個人的にはあまり好まれません。

支持システムには流動性がありませんが、置き換えられたシステムよりもはるかに流動的です。 将来、世界の政治をより流動的にする方法をパラドックスで詳しく見てほしいと思いますが、今のところそれは理想的ではなくても根本的に破られることのないシステムです。

コメントでより多くの議論を見ていただければ幸いです


答え 2:

賛成システムは確かに古いシステムを改善するものです。外交的にいくつかのアクションを測定し、何も見返りに戦わずに戦うために帝国とのつながりを築く必要があるためです(Brandenburgに尋ねます)ポーランド/オーストリア/フランスはそれのためにすべての戦争と戦ってから、すべてを引き受けることになります。これは、支持システム以前のバランスの問題でした)、今では、絶え間ない貪欲なオットマンでさえあなたに同盟するという点まで信頼を築くことができます信頼が75〜80度を超えている限り、彼らが通常食べようとするすべての土地を食べているにもかかわらず、これは味方をゲームの後半まで維持するのに役立ちます。

私がいくつかの不満に言及しなければならなかった場合

  1. ポルトガルとイギリスのように、一部の帝国にはより良い絆があるはずであるにもかかわらず、誰もがゲームの開始時に0の好意と50の信頼で始まりますが、戦争を経験したばかりのその他の帝国(イングランドとフランスの100年戦争など)はより低いはずです信頼
  2. 賛成の構築は、国家の力の評価に基づいて、やや控えめに設計されています。これは、量のアイデアと力の制限/マンパワーのボニに対して過度に部分的です。 これにより、一部の国では好意を得るために不自然な利点が得られますが、歴史的には好意を得るために歴史的に政治的スキルを持っている必要がある国も同じです。 また、大きな国家バイアス。
  3. 同盟関係が好意を得てそれを利用する以外に方法はありません。 私はその敵を攻撃するとき、私の同盟国に同盟している私の敵に加わる可能性を減らすために大量の恩恵を費やしたいと思います。
  4. さらに、私は人々と築き上げた恩恵を費やしたいと思っていますが、80の賛成があったときに、彼らの信頼を少し上げるか、どういうわけか彼らに外交的に少し影響を与えるために、誰が私を団結します。

一般的にそれは私たちが持っていたものよりも改善されましたが、それでもっと多くのことができたでしょう。