友達とゴルフをする方法


答え 1:

帽子をかぶらなければならないというルールはありません。 プロのゴルファーは、彼らがそれらを着用するためのスポンサーシップのお金を手に入れるときにそれらを投げることを選びます、そしてそれはあなたがあなたのバイソンを狭めるのを助け、あなたがバックグラウンドではなくボールに集中するようにします。 群衆。 アマチュアはそれらを身に着けている専門家を見て、それらのようになりたいと思っているのでそれらを身に着けているだけです


答え 2:

いいえ。 しかし、太陽はあなたの脳を焼き、それをさらに難しくすることなくゴルフは十分に難しいので、それは良い考えです。

真剣に、ほとんどの男性ゴルファーが帽子または帽子を着用する主な理由は、日焼け止めのためです。 多くの女性、特に太い髪の女性は、バイザーを着用して日光を顔から避け、髪の毛をコントロールします。 しかし、ゴルフの「頭を覆う」要件はこれまでありませんでした。


答え 3:

私が使う

キャップベドルケン

ゴルフをするための様々な異なるタイプとスタイルの。

私が一番好きなのはサンバイザーです。 サンバイザーは暑さと夏の季節に最適です。暑さに対処する必要はなく、直射日光から保護されます。 また、夏に友達や同僚と旅行に行く場合にも適しています。

これらのサンバイザーキャップは快適で、すべての年齢層の人々に適しています。 上記のリンクから無料配送サービスを利用して、これらのキャップや別のスタイルの注文もできます。 ここで入手可能なキャップは、最高の品質とデザインです。


答え 4:

ゴルフをしている間は帽子をかぶる必要はありませんが、多くのゴルファーは太陽を目に入らないように帽子をかぶっています。 あるいは、ここ英国では、髪に雨が入らないように、また眼鏡をかけないように、帽子をかぶる必要があります。

ほとんどすべてのツアーのプロがキャップを着用するもう1つの理由は、スポンサーシップのためのスペースを提供するためです。 プレーヤーは通常、クラブまたはボールのメーカーの名前を宣伝する帽子をかぶります。


答え 5:

個人的に私は帽子をかぶることはありません。主に彼らが不快であり、彼らの中で愚かに見えるからです。 6月に110度の暑さでスコッツデールでプレーしたときでも、私は帽子をかぶっていませんでした。

とはいえ、ほとんどのゴルファーはアメリカでそれらを着用しているようであり、太陽を避けておくのは間違いない。 それは私達がまだ太陽が何であるか、またはそれがどのように見えるかを理解しようとしている英国ではあまり一般的ではありません。


答え 6:

太陽に長時間さらされることは、ゴルフをする上での多くの小さな危険の1つです。 つばのついた帽子は、日光を顔から遮断し、目に入らないようにします。 必要ではありませんが、キャップは多くの理由で有利です。


答え 7:

必須ではありませんが推奨されます。 ゴルフ中に太陽を浴びるのは良い考えではありません。 太陽への長時間の露出は悪いです。

最も購入されたゴルフ帽子の1つをチェックしてください。


答え 8:

それは太陽だけではありません。野球スタイルの帽子をかぶると、ボールに取り組むときに視界が大幅に制限されます。これは、集中しようとしているときに物事や人が動いていることに気を取られないので、良いことです。