BHP、トルク、およびエンジンの容積は、車両でどのように相互に関係していますか?これらのパラメーターに基づいて、車両の性能をどのように評価できますか?自転車のBHPと車のBHPに違いはありますか?


答え 1:

私は以前の答えとは違うことを請います。トルクはエンジンの最も重要な要素です。トルクは、メーカーが指定した勾配でも、指定された荷重で移動する車両の牽引能力を決定します。 BHPは加速に直接関係しています。 5リットルのエンジンまたは排気量5000 ccのロードキャリア(トラックまたはセミトラック)の場合、200 BHPであるが、700 NMのトルクがあります。ターボチャージャーを搭載した同じエンジンは、15%以上のBHPを追加しますが、トルクは同じままです。そのため、ロードキャリアを設計する際の焦点は、加速やBHPではなく、トルクです。一方、車やバイクは重い荷物を運ぶ必要はありません。したがって、より良い加速のためにBHPに重点が置かれ、これが販売のUSPになります。


答え 2:

内燃エンジンの動作原理は、燃えた燃料がピストンを押してクランクシャフトを回すことによって生じるガス圧です。これにより、クランクシャフトとギア、そしてドライブシャフトを介してホイールに作用する回転力(トルク)が発生します。

エンジンの容積が大きいと、噴射された燃料を燃やすことでより多くのガス力を作り出すのに役立ちます(エンジンの特定の容積では空気のアベイラビリティが制限されているため、燃料を噴射するだけではガス力を増やすことはできません)。ピストルがクランクに及ぼす回転効果(ギア比が機能する場合)はトルクです。パワーは、トルクと速度の関数P = 2 * 3.14 * N * T / 60です。 ; Nはエンジンの速度、Tは生成されるトルクです。 Pは生成される電力です。 (エンジンによって生成されるトルクは、燃焼の特性であるため、すべての速度で同じではありません)。条件が明確であることを願っています。


答え 3:

内燃エンジンの動作原理は、燃えた燃料がピストンを押してクランクシャフトを回すことによって生じるガス圧です。これにより、クランクシャフトとギア、そしてドライブシャフトを介してホイールに作用する回転力(トルク)が発生します。

エンジンの容積が大きいと、噴射された燃料を燃やすことでより多くのガス力を作り出すのに役立ちます(エンジンの特定の容積では空気のアベイラビリティが制限されているため、燃料を噴射するだけではガス力を増やすことはできません)。ピストルがクランクに及ぼす回転効果(ギア比が機能する場合)はトルクです。パワーは、トルクと速度の関数P = 2 * 3.14 * N * T / 60です。 ; Nはエンジンの速度、Tは生成されるトルクです。 Pは生成される電力です。 (エンジンによって生成されるトルクは、燃焼の特性であるため、すべての速度で同じではありません)。条件が明確であることを願っています。


答え 4:

内燃エンジンの動作原理は、燃えた燃料がピストンを押してクランクシャフトを回すことによって生じるガス圧です。これにより、クランクシャフトとギア、そしてドライブシャフトを介してホイールに作用する回転力(トルク)が発生します。

エンジンの容積が大きいと、噴射された燃料を燃やすことでより多くのガス力を作り出すのに役立ちます(エンジンの特定の容積では空気のアベイラビリティが制限されているため、燃料を噴射するだけではガス力を増やすことはできません)。ピストルがクランクに及ぼす回転効果(ギア比が機能する場合)はトルクです。パワーは、トルクと速度の関数P = 2 * 3.14 * N * T / 60です。 ; Nはエンジンの速度、Tは生成されるトルクです。 Pは生成される電力です。 (エンジンによって生成されるトルクは、燃焼の特性であるため、すべての速度で同じではありません)。条件が明確であることを願っています。


答え 5:

内燃エンジンの動作原理は、燃えた燃料がピストンを押してクランクシャフトを回すことによって生じるガス圧です。これにより、クランクシャフトとギア、そしてドライブシャフトを介してホイールに作用する回転力(トルク)が発生します。

エンジンの容積が大きいと、噴射された燃料を燃やすことでより多くのガス力を作り出すのに役立ちます(エンジンの特定の容積では空気のアベイラビリティが制限されているため、燃料を噴射するだけではガス力を増やすことはできません)。ピストルがクランクに及ぼす回転効果(ギア比が機能する場合)はトルクです。パワーは、トルクと速度の関数P = 2 * 3.14 * N * T / 60です。 ; Nはエンジンの速度、Tは生成されるトルクです。 Pは生成される電力です。 (エンジンによって生成されるトルクは、燃焼の特性であるため、すべての速度で同じではありません)。条件が明確であることを願っています。


答え 6:

内燃エンジンの動作原理は、燃えた燃料がピストンを押してクランクシャフトを回すことによって生じるガス圧です。これにより、クランクシャフトとギア、そしてドライブシャフトを介してホイールに作用する回転力(トルク)が発生します。

エンジンの容積が大きいと、噴射された燃料を燃やすことでより多くのガス力を作り出すのに役立ちます(エンジンの特定の容積では空気のアベイラビリティが制限されているため、燃料を噴射するだけではガス力を増やすことはできません)。ピストルがクランクに及ぼす回転効果(ギア比が機能する場合)はトルクです。パワーは、トルクと速度の関数P = 2 * 3.14 * N * T / 60です。 ; Nはエンジンの速度、Tは生成されるトルクです。 Pは生成される電力です。 (エンジンによって生成されるトルクは、燃焼の特性であるため、すべての速度で同じではありません)。条件が明確であることを願っています。