漆喰の切り方


答え 1:

他の人が言ったように、はい。 スタッコは基本的に、ワイヤーメッシュのようなバッカーの上に広げられたセメント混合物の比較的薄いコートで、次にタイベックのような建物のラップの上に合板に釘付けされます。 システムが異なるため、これは一般的な説明です。 質問に戻ります。漆喰の成分の1つは砂、もう1つはセメントです。 これらのコンポーネントは両方とも、時間の経過とともにほとんどのドリルビットを摩耗させます。 1つの穴の場合、それは大きな問題ではありませんが、完了したらビットを調べます。 本来の目的にはもはや役立たないかもしれません。 多数の穴を開ける場合は、石材を購入してください。 それはずっと長持ちし、あなたの木材や金属片を台無しにしないでしょう。


答え 2:

はい、できます。 ただし、1つ以上の穴を開ける場合は、ドリルビットが鈍くなることを期待してください。 または漆喰コーティングが厚い場合。 安価な方法の1つは、ハンマーとパンチを使って1、2回撃つことです。 次に、穴をあけます。 そうすれば、穴をあけているスタッコを緩め、その周りの領域を損傷することはありません。 私は何年もそれをしてきました、そしてそれはいつも私のために働きました。


答え 3:

はい。 しかし、長くはないが、特にドリルを高速で回転させる場合は、2つの穴の後で鈍くなるだろう。 その摩擦熱。 金属から気性を取り除くと、非常に柔らかく、役に立たなくなります。

意図しないパン。


答え 4:

はい、特に小さなビットの場合(ドリルのハンマー機能が役立つでしょう)ドリルのハンマー機能をオンにしたカーバイドまたはダイヤモンドチップビットを使用すると、大きな穴の方が簡単になります。


答え 5:

はい、しかし漆喰のグリットはビットで陽気な地獄を演じようとしています。 あなたがそれを研ぐか、またはそれを投げる必要がある前に、それがいくつかの穴を超えて続くと期待しないでください。