アメリカのベイクドビーンズとイギリスのベイクドビーンズの違いは何ですか?


答え 1:

こんにちは、英国のベイクドビーンズは既製の製品です(私たちはめったに製造しません)。通常は缶で購入します。 それらはほとんど常に、ハーブ、スパイス、塩、砂糖で味付けされたトマトベースのソースで調理されたインゲン豆から作られています。 彼らは「良い」食べ物とみなされます。それらは繊維でいっぱいで、化学物質が多すぎず、準備が簡単です。コンロの上で鍋、コック、(本当に暖かく)容器を開けますプラスチック製の水差し(豆の水差し)に入れて、電子レンジで加熱します。エンドウ豆の一部や、バターを塗ったトーストにぴったりのスナックとしてもお召し上がりいただけます。

あなたが高級であるふりをしたいなら、彼らは異なるもので味付けすることができます、笑。

すりおろしたチーズ、上に追加、または振りかけ、カレーパウダーを混ぜたもの、またはブリティッシュ(アメリカとは異なる)コーンビーフを混ぜたもの。これらはほんのいくつかの提案です。

私たちの最高のブランドは通常、ハインツ、ベイクドビーンズ、非常に古い広告ジングルビー…

毎日百万人の主婦、

豆の缶を手に取り、言います、

豆はハインツを意味します…

アメリカのベイクドビーンズに関して、私がこれまでに与えた、または自分で作ったものは、ボストンベイクドビーンズと呼ばれるものです。

私の経験では、これは、ピント、カネリーニ、赤インゲン豆など、さまざまな豆(調理しやすくするため、時間を節約するため)を取り、トマトベースのソースを作ることでした。 私が作ったものはすべて、ベーコンまたはハムと白玉ねぎが入っています。 私はそれらを肉なしで、そしてトウガラシ(トウガラシ)を含んで与えられました。 私の主な違いは、アメリカの豆のソースを作るということです。通常は肉から始めます。ソースは、通常は酢とシロップを加えたバーベキュー風味です。

ベイクドビーンズ、素敵なスナックは、多くの学生を食中毒(料理ができなかった場合)や飢え(苦労したため)から救いました。

お役に立てれば。


答え 2:

英国で焼いた豆は、アメリカの発明品であり、国民的料理です。 これが彼らが一般的にアメリカ原産の白インゲンマメを使用する理由です。

それらはおそらく、米国から英国への最高の輸入品です。 確かに最も人気があり、最も議論の少ないものの1つです。

しかし、他のベイクドビーンズは利用可能です。

フランスとスペインでは、さまざまな種類のハーブが入った焼き豆をいくつか購入し、アルデンテになるように焼きます。 彼らはまた、より少ない砂糖を使用します。 私はこの品種をコピーしましたが、それらも簡単に作成できます。 ほとんどすべての明るい色のBeanで十分です。

数年前、英国ではより多くのブランドが利用可能であり、それらはより多様でした。 今日では、自社ブランドでさえハインツによく似ており、「より軽い」バージョンでさえすべて同じです。 ベイクドビーンは多くの料理に潜在的に興味深い追加品であり、多様性が範囲を広げるので、これは悲しいです。

私のお気に入りの焼き豆はフランス産のこれです。


答え 3:

これは、英国の缶詰豆で得られるものとは異なる場合がありますが、近いです-一部の人々は、これらに砂糖が多すぎると考えるので、砂糖を省略します。

白豆750g(インゲンまたは海軍、小さな白豆を使用)

重曹小さじ1/2(重曹)

無香油大さじ2

大玉ねぎ1個、さいの目に切った大さじ1杯のタイムまたはセージ(またはその両方)にんにく2片、粉砕

つぶしたトマト5カップ[私はパッサタまたはイタリアのストレイントマトを使用しました。プレーン、ハーブなし]クローブ2杯大さじ4ウスターソース小さじ1タバスコソース砂糖1/2カップ、または味の塩

アメリカの豆には多くのレシピがあるようですが、それらはすべてそうです

豚脂

シュガー

糖蜜(糖蜜)

シュガー

コーン油

コーンシロップ

シュガー

調理方法が違うというわけではありません-まったく別の料理で、名前も似ています!


答え 4:

ハインツ豆(およびハインツトマトケチャップも)は、人工香料、着色料などを含まない少数の成分のみを含むものとして英国で長い間販売されてきました。 たとえば、英国のハインツ豆には、豆(51%)、トマト(34%)、水、砂糖、スピリットビネガー、加工コーンフラワー、塩、スパイスエキス、ハーブエキスが含まれています。 彼らはビーガンです(アメリカの豆には豚脂肪が含まれていると思います)。 缶あたり7gの砂糖が含まれています-明らかに、ハインツのUS豆には2倍含まれています。

温かくてバターを塗ったトーストで温かくて美味しい-トーストに乗った豆は何十年も英国の定番であり、アメリカの輸入品だと思いました。 しかし、そうではないようです-私のアメリカ人の友人は皆、トーストに豆の概念に非常に戸惑っているようです!