力と圧力の違いは何ですか?圧力はどのようにスカラー量ですか?


答え 1:

A2Aをありがとう

実際、圧力はスカラー量です。力とは異なり、圧力は方向を示す必要はありません。これは、2つのベクトル量に依存するためです。力と面積。力は、力の大きさとそれに沿って作用する場所を知っている場合にのみ重要になります。フォースは、宇宙のどこでも行動できます。そのため、その方向は非常に必要な用語です。

現在、面積については、面積もベクトルです。ベクトルの幾何学と代数を研究するとき、面積をベクトルとして考慮する必要性が出てきます。その方向は常に、外側に向かって現れる表面に垂直です。

したがって、圧力= F(ベクトル)/ A(ベクトル)

したがって、結果はスカラーになります


答え 2:

力とは、あるオブジェクトが別のオブジェクトに与える影響の合計です。圧力とは、力が加えられる面積に対する力の比率です。力とは、オブジェクトの動きまたは方向の状態を変化させるプッシュまたはプルとして定義されます。

圧力はスカラー量です。ランク0のテンソルです。しかし、力はベクトル量であるため、圧力をスカラー量にするのは、圧力を定義するときに考慮されるのは面積の方向に沿った力の成分であるという事実です。


答え 3:

力には方向性があり、それはベクトル的ですが、領域に垂直に適用すると(ピストンを考えてより良い画像を作成できます)、圧力は流体内のすべての方向に、次にスカラーに適用されます。土に加えられる力について尋ねると、圧力が広がる粒子の変形によって力が保持されます。分子/原子リンクよりも硬いものが非常に狭い厚さの応力下で歪み、その結果が反対する場合力が、そのゾーン内の横方向の圧力を定義することは困難です(ポアソン係数はそれを指している)


答え 4:

力には方向性があり、それはベクトル的ですが、領域に垂直に適用すると(ピストンを考えてより良い画像を作成できます)、圧力は流体内のすべての方向に、次にスカラーに適用されます。土に加えられる力について尋ねると、圧力が広がる粒子の変形によって力が保持されます。分子/原子リンクよりも硬いものが非常に狭い厚さの応力下で歪み、その結果が反対する場合力が、そのゾーン内の横方向の圧力を定義することは困難です(ポアソン係数はそれを指している)


答え 5:

力には方向性があり、それはベクトル的ですが、領域に垂直に適用すると(ピストンを考えてより良い画像を作成できます)、圧力は流体内のすべての方向に、次にスカラーに適用されます。土に加えられる力について尋ねると、圧力が広がる粒子の変形によって力が保持されます。分子/原子リンクよりも硬いものが非常に狭い厚さの応力下で歪み、その結果が反対する場合力が、そのゾーン内の横方向の圧力を定義することは困難です(ポアソン係数はそれを指している)


答え 6:

力には方向性があり、それはベクトル的ですが、領域に垂直に適用すると(ピストンを考えてより良い画像を作成できます)、圧力は流体内のすべての方向に、次にスカラーに適用されます。土に加えられる力について尋ねると、圧力が広がる粒子の変形によって力が保持されます。分子/原子リンクよりも硬いものが非常に狭い厚さの応力下で歪み、その結果が反対する場合力が、そのゾーン内の横方向の圧力を定義することは困難です(ポアソン係数はそれを指している)


答え 7:

力には方向性があり、それはベクトル的ですが、領域に垂直に適用すると(ピストンを考えてより良い画像を作成できます)、圧力は流体内のすべての方向に、次にスカラーに適用されます。土に加えられる力について尋ねると、圧力が広がる粒子の変形によって力が保持されます。分子/原子リンクよりも硬いものが非常に狭い厚さの応力下で歪み、その結果が反対する場合力が、そのゾーン内の横方向の圧力を定義することは困難です(ポアソン係数はそれを指している)


答え 8:

力には方向性があり、それはベクトル的ですが、領域に垂直に適用すると(ピストンを考えてより良い画像を作成できます)、圧力は流体内のすべての方向に、次にスカラーに適用されます。土に加えられる力について尋ねると、圧力が広がる粒子の変形によって力が保持されます。分子/原子リンクよりも硬いものが非常に狭い厚さの応力下で歪み、その結果が反対する場合力が、そのゾーン内の横方向の圧力を定義することは困難です(ポアソン係数はそれを指している)


答え 9:

力には方向性があり、それはベクトル的ですが、領域に垂直に適用すると(ピストンを考えてより良い画像を作成できます)、圧力は流体内のすべての方向に、次にスカラーに適用されます。土に加えられる力について尋ねると、圧力が広がる粒子の変形によって力が保持されます。分子/原子リンクよりも硬いものが非常に狭い厚さの応力下で歪み、その結果が反対する場合力が、そのゾーン内の横方向の圧力を定義することは困難です(ポアソン係数はそれを指している)