キャブレターと燃料噴射システムの違いは何ですか?


答え 1:

詰まったまたは漏れているキャブレターは通常、休憩所で分解して清掃できます。 燃料噴射は、牽引される必要があることを意味します。

炭水化物は数十年(おそらく1世紀以上)存在し、基本的に同じ原理を使用して、ピストンのダウンストロークの真空によって駆動される空気と燃料を混合します。 彼らは通常、重力で(オートバイで)供給され、非常に信頼性があります。 私のKLRとハーレーは、同じケーヒン炭水化物を使用しています(もちろん、噴射が異なります)。 私のハーレーには、炭水化物の問題もなく70キロのマイルがあります。 私のKLRの炭水化物は、現場で何度も掃除されています。 破れたダイヤフラムで家に帰りました。 ほとんどのキャブレター付きバイクは、死んだバッターでプッシュスタートできます。 注入された? そんなにない。

通常、燃料噴射には電子燃料ポンプが使用されます。 燃料をスロットルボディまたはシリンダーに噴射します。 走行距離とパフォーマンスが向上します。 ほとんどの燃料噴射システムは非常に信頼性が高くなり、風邪をひき始めます。 古いメルセデスのような車は、機械式燃料噴射装置を備えており、点火システムを備えていません。つまり、道路を転がすことができれば、電気システムなしで始動します。 未開発地域やバッテリーが盗まれた場合に非常に便利です。


答え 2:

アトマイザーは、燃料を最適化されたサイズの小さな液滴に分解します。 これらの最適化された液滴は、燃料の完全燃焼に最適です。 完全燃焼は、効率の改善に役立ち(未燃燃料なし)、排出量も削減します(再び大気中の未燃HCなし)。 これは、空気燃料混合プロセス中に行われます。 一方、燃料噴射器は混合空気燃料をチャンバーに噴射します。


答え 3:

アトマイザーは、燃料を最適化されたサイズの小さな液滴に分解します。 これらの最適化された液滴は、燃料の完全燃焼に最適です。 完全燃焼は、効率の改善に役立ち(未燃燃料なし)、排出量も削減します(再び大気中の未燃HCなし)。 これは、空気燃料混合プロセス中に行われます。 一方、燃料噴射器は混合空気燃料をチャンバーに噴射します。


答え 4:

アトマイザーは、燃料を最適化されたサイズの小さな液滴に分解します。 これらの最適化された液滴は、燃料の完全燃焼に最適です。 完全燃焼は、効率の改善に役立ち(未燃燃料なし)、排出量も削減します(再び大気中の未燃HCなし)。 これは、空気燃料混合プロセス中に行われます。 一方、燃料噴射器は混合空気燃料をチャンバーに噴射します。