コーポレートコミュニケーションと広報活動の違いは何ですか?


答え 1:

コーポレートコミュニケーションと広報は非常に緊密に結びついた2つの部門であり、対象者とメッセージはほぼ同じです。 両者は、組織をその利害関係者、クライアント、および消費者の観点から位置付けるために互いに依存しています。

コーポレートコミュニケーションは主に、すべての利害関係者に会社のビジョン、ミッション、および戦略目標を通知するために行う必要がある、書面による、場合によっては口頭でのコミュニケーションを扱います。 誰が何を知る必要があるかに応じて、内部通信と外部通信が関係します。

コーポレートコミュニケーションは、さまざまなプラットフォームを使用して、会社の利害関係者の活動を常に最新の状態に保ちます。 ウェブサイト、パンフレット、ニュースレター、利害関係者の手紙/メッセージ、年次報告書、雑誌はすべて外部の企業通信媒体であり、電子メール、アナウンス、会議議事録、イントラネットは内部通信プラットフォームです。

上記のすべてのプラットフォームは、組織の現在および将来の計画に関する重要な情報を広めるために使用されます。 優れた組織は、自社の計画を利害関係者/株主と共有する義務を知っているため、企業コミュニケーションを非常に真剣に受け止めています。

ここに広報の役割があります。 名前が示すように、この部門は、組織のブランドを一般大衆の目に位置付けるために、大衆に送られる情報を特に扱います。

広報は、企業コミュニケーションによって準備された外部コミュニケーションを使用して、会社のポジティブなイメージを生成します。 プレスリリース、ソーシャルメディア、公共活動、プレゼンテーションなどの媒体を使用して、企業が提供する製品/サービスに対する公共の関心を高めます。

広報チームは、多くの場合、コーポレートコミュニケーションチームと緊密に連携して、外部の視聴者を特定し(彼らも涙を流します)、適切な外部コミュニケーションメッセージと出版物を準備します。

広報部門はまた、メディア代理店、広告代理店と連携しますが(企業通信とマーケティングは広告代理店の募集を主に担当します)、大衆に手を差し伸べ、会社のメッセージを広めます。

コーポレートコミュニケーションと広報活動が非常に密接に機能し、タイムリーな情報を交換して正常に機能する必要があることを覚えておくことが重要です。 2つの部門間の失業は、大きな損失につながる可能性があります。 これを念頭に置いて、多数の組織が1つのマネージャー/ヘッドの下で2つの部門を1つに統合し、活動を円滑に実行できるようにします。

両方のチームが一緒に座ってターゲットオーディエンスを特定し、メッセージと矛盾やあいまいさがないように、コミュニケーションモードとコンテンツに同意します。


答え 2:

コーポレートコミュニケーションは、広報のサブセットです。

広報は、少なくとも私の定義では、企業、人格、アイデアなどの認知度を高めるために行われる戦略的なコミュニケーション作業のキャッチフレーズです。これには、ニュースの取得(または取得)などの一連の戦術が含まれます。 、イベント、プロモーション、ソーシャルメディアなど。

コーポレートコミュニケーションは、より具体的には、企業体のイメージ、ブランド、および評判の目標に焦点を当てています。

特定の企業イニシアチブに特化したニュースイベント、レポート、Webコンテンツ、広告を処理する組織内に企業コミュニケーション部門が存在する場合があります。 コーポレートコミュニケーションの推進要因の例として、製品の発売、四半期/アンナールの株式レポート、新サービスの提供、合併ニュース、またはCEOによるスピーチについて考えてください。

ほとんどの場合、企業コミュニケーションは、従業員のニーズに特に対処できる「内部」コミュニケーションに対して、株主、ニュースメディア、規制当局、競合他社などの利害関係者を意味する「外部」に面しています。

また、PRエージェンシーは、企業コミュニケーションの専門分野を持っている場合があります。これには、戦略、メディアアウトリーチ、イベント制作などの活動が含まれる場合があります。


答え 3:

コーポレートコミュニケーションは、広報のサブセットです。

広報は、少なくとも私の定義では、企業、人格、アイデアなどの認知度を高めるために行われる戦略的なコミュニケーション作業のキャッチフレーズです。これには、ニュースの取得(または取得)などの一連の戦術が含まれます。 、イベント、プロモーション、ソーシャルメディアなど。

コーポレートコミュニケーションは、より具体的には、企業体のイメージ、ブランド、および評判の目標に焦点を当てています。

特定の企業イニシアチブに特化したニュースイベント、レポート、Webコンテンツ、広告を処理する組織内に企業コミュニケーション部門が存在する場合があります。 コーポレートコミュニケーションの推進要因の例として、製品の発売、四半期/アンナールの株式レポート、新サービスの提供、合併ニュース、またはCEOによるスピーチについて考えてください。

ほとんどの場合、企業コミュニケーションは、従業員のニーズに特に対処できる「内部」コミュニケーションに対して、株主、ニュースメディア、規制当局、競合他社などの利害関係者を意味する「外部」に面しています。

また、PRエージェンシーは、企業コミュニケーションの専門分野を持っている場合があります。これには、戦略、メディアアウトリーチ、イベント制作などの活動が含まれる場合があります。


答え 4:

コーポレートコミュニケーションは、広報のサブセットです。

広報は、少なくとも私の定義では、企業、人格、アイデアなどの認知度を高めるために行われる戦略的なコミュニケーション作業のキャッチフレーズです。これには、ニュースの取得(または取得)などの一連の戦術が含まれます。 、イベント、プロモーション、ソーシャルメディアなど。

コーポレートコミュニケーションは、より具体的には、企業体のイメージ、ブランド、および評判の目標に焦点を当てています。

特定の企業イニシアチブに特化したニュースイベント、レポート、Webコンテンツ、広告を処理する組織内に企業コミュニケーション部門が存在する場合があります。 コーポレートコミュニケーションの推進要因の例として、製品の発売、四半期/アンナールの株式レポート、新サービスの提供、合併ニュース、またはCEOによるスピーチについて考えてください。

ほとんどの場合、企業コミュニケーションは、従業員のニーズに特に対処できる「内部」コミュニケーションに対して、株主、ニュースメディア、規制当局、競合他社などの利害関係者を意味する「外部」に面しています。

また、PRエージェンシーは、企業コミュニケーションの専門分野を持っている場合があります。これには、戦略、メディアアウトリーチ、イベント制作などの活動が含まれる場合があります。