形而上学とオントロジーの違いは何ですか?


答え 1:

確かにいくつかのオーバーラップがありますが、形而上学はより広く、オントロジー以外のさまざまな分野に適用できます(すなわち、認識論、倫理、言語などの形而上学)。これについての意見は異なりますが、形而上学の分野の私の概念は、より抽象的な質問に関心があり、物事の根底にある性質についてより詳細に説明することです。形而上学は、ほぼすべてに適用できる推論のフレームワークであり、オントロジーはこれらの1つです。しかし、あなたは「Xの存在論的状態は何か」のような質問も形而上学的な質問であるという点で正しい。


答え 2:

オントロジーは、基本的な種類のものに対する体系的なアプローチです。 「基本」とはどういう意味ですか?種類は、生物学などの特定の科学の主題ではないほど十分に一般的でなければなりません。たとえば、あなたと私と太陽のような特定のものと、これらのオブジェクトの特徴や特徴の違いを考えてみてください。すべての科学は、オブジェクトとその特性の間のこの区別を前提としています。したがって、この区別の性質を理解することが重要な存在論的問題です。

しかし、形而上学にはオントロジーだけではありません。形而上学は、現実の特定の非常に一般的な側面、現実の構造に関連するものに関係するという点で、オントロジーに似ています。たとえば、因果関係の性質は、自由意志があるかどうかにかかわらず、形而上学的な質問です。神が存在するかどうかは形而上学的な問題ですが、形而上学は非物理的実体に関する問題だけに関係しているわけではありません。非物理的な存在の存在を支持しない唯物論的な形而上学的見解のようなものがあります。形而上学にはオントロジーだけでなく、特殊な科学の1つに限定されないほど一般的な現実に関する非常に一般的な質問も含まれていると言えます。たとえば、決定論と自由意志をめぐる論争。


答え 3:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 4:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 5:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 6:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 7:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 8:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 9:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 10:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 11:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 12:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 13:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。


答え 14:

形而上学は、意味のある生きた文脈から用語と概念をねじり、次にこれらの用語を抽象化して形而上学的用語に具体化する実践です。抽象化され、常識と実際の使用から切り離されると、形而上学的用語は形而上学的言語の一部を形成し、その形而上学内での使用と意味のみを持ちます。

オントロジーは、「存在」と「存在」という2つの用語だけでこの慣習に従っています。たとえば、「存在する」という単純で特定の常識的な表現は、 「存在」および「存在」という用語は、特定の形而上学の安心できるほど鈍いせせらぎの中で規定されているとおりに使用する必要があるという規定。