シニア開発者とリード開発者の違いは何ですか?


答え 1:
  • シニア開発者(ドライバー):彼らは他の人のブロックを解除し、新規採用の指導、チームメンバーのスキルアップ、そして一般的に製品/スタックのほとんどの分野で豊富な経験を持つ堅実な技術者です。 彼らはチームの柱です。技術リーダー(ナビゲーター):いつでもどこでも利用できるように時間を費やしています(サポートリクエスト、アーキテクチャの監視など)。 これらは、アクションを促進し、問題を解決して、チームを十分に機能するマシンとして実行し続けます。 それらは外部の注意散漫からのシールドとして機能します。 それらがないと、チームは集中力と方向性を失います。

答え 2:

言葉には2つの異なる意味がありますが、説明は簡単です。

  • 「シニア」は通常、経験を指します。 それは時間と労力をかけて得られたものです。「リード」は、任意に割り当てられた責任の位置です。 若手開発者は、指名されたリードになる可能性があります。 経験を積むのに役立ちます(上記参照)。

答え 3:

ほとんどは会社によって異なりますが、通常はいくつかの違いがあります。

リード開発者は通常、コードの側面の最終判断者として機能し(多くの場合、アーキテクトまたはマネージャーの役​​割も担います)、リードは新しいテクノロジーやアーキテクチャパスの調査にもう少し時間を費やす傾向があります(会社にアーキテクトがないと仮定) 。

シニアとリードの両方を持っている会社のシニア開発者は、通常、チームのシニアメンバー(経験豊富)であり、彼らの義務の一部は、ジュニアメンバーを監視し、彼らとその仲間を指導し、グルーミングするのを助けることですコードレビュー)。

一部の企業では、「シニア」がリードである代わりに「リード」がなく、他の多くのシニアがいます。

プリンシパルデベロッパー、プログラマーIII、IVなどのタイトルもあります。

要するに、それらは単なるタイトルですが、これらのタイトルは一般に、それらを聞いた人々の心の中で絵を描くので、いくつかの標準的な要素になる傾向があります。